からだにいいコンドロイチンのおはなし

あなたもコンドロイチンを試してみませんか!

グルコサミンとの関係

最近、コンドロイチンのサプリメントには、グルコサミンが入っていることが多くなりました。

グルコサミンがコンドロイチンを生成します♪

これはなぜかというと、
「コンドロイチンがからだの中で有効に働くためには、グルコサミンを一緒に摂った方がいい」
という考えからです。

コンドロイチンとグルコサミン

グルコサミンは、体内の軟骨細胞で、ブドウ糖から合成されるアミノ酸の一種です。

コンドロイチンは水分を吸収する役割の成分。
グルコサミンは軟骨を作る材料になる成分。
こう考えると分かりやすいと思います。

グルコサミンは、細胞や組織を結合したり、軟骨を再生する働きを担っていて、軟骨や腱などに広く存在します。

グルコサミンも、コンドロイチンと同じように、若い間は体内で生成されます。
でも、コンドロイチンと同様に、加齢とともに生成能力が低下してきてしまいます。

≫ 副作用