からだにいいコンドロイチンのおはなし

あなたもコンドロイチンを試してみませんか!

トップページ > コンドロイチンとの出会い

コンドロイチンとの出会い

私とコンドロイチンとの出会いは、もう10年前のことになります。

きっかけは~♪ みのもんた♪

母からの電話です。

「ムコ多糖って知ってる?」
「知らない」

「今日、おもいっきりテレビでやってたんだけど、すっごくいいらしいのよ~ 」

まったく、毎回毎回「みのさん」がいいといったものを試す、典型的な日本人だな~
しかもアタラシモノ好きだし。
っていうか何にいいのさ~?

「膝が痛~い」

なんて思いつつ、本屋で調べてみました。

何冊かあった本を読んでみると、「ムコ多糖」は「コンドロイチン硫酸」「ヒアルロン酸」「ヘパリン」といった成分の総称のことで、「粘液」という意味のラテン語「mucus」からきているそう。
その中でも代表的な成分は「コンドロイチン硫酸」という成分で、「サメの軟骨」や「牛・豚の気管支軟骨」から抽出したサプリメントが販売されているとのこと。

でも、内容は 「ガンが治る」だの「ダイエットにいい」だの「血糖値が下がる」だの、 よくある「サプリメントを売るための本」ばかり。

「あっそ。」
ってな感じで本を閉じようとしたときに、目に飛び込んできたのが、「膝痛にいい」という文字でした。

実はうちの母親、ちょっと太り気味。
「膝が痛~い」 なんて、いってたんです。
なるほど、それで興奮して電話してきたんだ(笑)

「じゃ~、買って送ってあげようかな。いくらくらいするんだろ?」

で、薬局に行って見てみたら、これが以外に安い!
「サメ軟骨」を原料にしたサプリメントが売られてて、3000円とかで買えちゃう。
5000円とか10000円とか思ってたんだけど・・・よかった~

適当なのを選んで、送ってあげました。

≫ プルプルお肌