からだにいいコンドロイチンのおはなし

あなたもコンドロイチンを試してみませんか!

軟骨の仕組み

関節の軟骨には、コンドロイチンが多く存在します。

軟骨を化学します

軟骨は、「水分」と「コラーゲン」「プロテオグリカン」「軟骨細胞」で構成されています。

関節の軟骨
水分
コラーゲン
プロテオグリカン グリコサミノグリカン(GAG)
 ・コンドロイチン硫酸
 ・ヒアルロン酸
 ・ヘパラン硫酸
 ・ケラタン硫酸
タンパク質
軟骨細胞

プロテオグリカンというのは、グリコサミノグリカンというムコ多糖の1種とタンパク質の複合体の状態です。

グリコサミノグリカンはタンパク質と結合して軟骨や皮膚中に多く存在しています。
その80%はコンドロイチン硫酸です。

プロテオグリカンの構造

プロテオグリカンは、たんぱく質の芯にコンドロイチン硫酸などが付着したものが、ヒアルロン酸の芯に付着した形をしています。
この細かい枝の間に水分を引き寄せて、保持する役割があるんです。

軟骨の組織

こうして、軟骨の80%は水分を含み、スポンジのような滑らかな動きができるんです。

≫ 関節痛のお薬