からだにいいコンドロイチンのおはなし

あなたもコンドロイチンを試してみませんか!

動物性と植物性

コンドロイチンは、昔から「精がつく」「長寿食」「滋養食」といわれている、ネバネバした食べ物に含まれています。
で、これは、動物性のものと植物性のものに分けられます。

フカヒレ・・納豆・・

動物性と植物性

動物性のもの 植物性のもの
フカヒレ
スッポン
ナマコ
ウナギ
ドジョウ など
納豆
山芋
里芋
オクラ
なめこ など

なぜ、わざわざ表にしたかというと、動物性のものと植物性のものだと、コンドロイチンの体内での吸収効率が違うからです。

実は、吸収効率がいいのは動物性の方なんです。

でも、コンドロイチン自体、そんなに大量に食べ物に入っているわけではありません。
コンドロイチンの量が多いといわれるフカヒレスープでも、1食あたり100~200mgです。

毎日フカヒレやスッポンを食べてたら、お金がいくらあっても足りないし、目安量をクリアするような食事ばっかりしてたら「痛風」にかかっちゃいそう(笑)

おまけに太りそう(涙)

やっぱりコンドロイチンは、サプリメントで摂った方がいいかも。

≫ コンドロイチンをもっと知ろう